文化・芸術

2018年4月24日 (火)

奈義町現代美術館

 岡山県の奈義町といえば「氷ノ山・後山・那岐山」国定公園の

那岐山の南山麓側に位置し「横仙歌舞伎」の伝承地と知っていたが

平成6年4月に開館した「現代美術館」(通称Nagi MOKA)があることは

知らなかった。

 この美術館の「太陽・月・大地」と名づけられた展示室・建物を

観て体感し、是非もう一度ゆっくり訪ねたいと思った。

Dsc_9630
那岐山を望む現代美術館の所在地は奈義町である


Dsc04423_2
正面の山頂は那岐山 


2018年4月20日 (金)

鳥取市用瀬の流し雛

 旧暦を守り続ける用瀬の流し雛、今年は4月18日が旧暦の3月3日で

桃の花も桜の花も終わっていたが、雛飾りでいっぱいだった。

Dsc04397001


Dsc04386


Dsc04416001

流し雛、雛流し、雛送りなどと、情緒あふれる「ことば」を耳にするとき

心も豊かになる。

言葉は遊びに使うものではない、言葉は命である。

2018年1月16日 (火)

出石永楽館で播州歌舞伎を観劇

極寒の中、高校生たちが大学入試センター試験に取り組んでいるとき、

のんびりと、但馬の出石で播州歌舞伎を楽しんだ。

伝統ある農村歌舞伎も良かったが、近畿で一番古いという歴史ある

「永楽館」の雰囲気も素晴らしかった。

Dsc_8676
出石城


Dsc_8659001









Dsc_8717






Dsc_8730





Dsc_8690





Dsc_8671
厳しかった寒気もようやく収まり積雪も少なくてよかった

2017年10月 3日 (火)

あさご芸術の森美術館

初秋の但馬路 織作峰子写真展を観に行った。

Img147


Img148


Img149





Dsc_7010
夢や希望を抱いて大空に飛翔 美術館の庭園で

Dsc_6997


Dsc_7003


Dsc_6995


Dsc_7035


Dsc_7042
希望という言葉が飛び交っているが、欲望も見え隠れする 

「忍耐が練られた品性を生み 練られた品性が希望を生み出す」と

聖書にある   希望と欲望は大違い!!!

2017年2月20日 (月)

映画「沈黙」を観賞した

 遠藤周作 著 「沈黙」が発表されたのは昭和41年(1966年)である。

昭和45年に長い時間をかけて読んだが、消化できないままでいた。

あれから47年、マーティン・スコセッシ監督作品の映画「沈黙」を観た・・・・・・

年齢は重ねたが、今も言葉がでない   ーサイレンスー

Img077







Img072_2







Img073002_2







Img074001_2




















 

2017年1月10日 (火)

命を味わう映画「この世界の片隅に」

 2017年のお正月休みも9日の成人の日で終わり、10日から学校の勉強や会社の

仕事が始った。いそがしい日常になって、休日は一層味わい深いものと思う。

昔からお正月には映画ということもあったが、今年は久しぶりに「この世界の片隅に」

というアニメ映画を見た。    監督=片淵素直  原作者=こうの史代

 上映と同時に流れたBGMで、疲れて眠気がしていた自分を呼び戻された。

青春時代を戦争で過ごした者にとって、そうだ!と言うほかはなく、淡々と映画を

見終わった。しかし翌日、何かをしようとする度に今もこの世界の片隅に生きている

自分を感じ、BGMやコトリンゴの劇中歌も頭に残り、アニメで表現されたこの映画の

素晴らしさを、しみじみ味わっている。

喜びや悲しみを深く受け止めることができる作品に出会えてうれしい。

Dsc_0065
この映画がヒットしているこの社会がまたうれしい

2016年10月18日 (火)

生野学園 師弟3人展

Img049001_2

展示会場 姫路市三左衛門堀西の町 ルネッサンス・スクエア

 

Img055001_3



Img056_2








Img050_3
Img050_5






Img051

Img051_2






Img052
Img052001

Img053

皆さま ご高覧賜りますよう ご案内申し上げます

















2015年5月16日 (土)

あさご芸術の森美術館 平山郁夫 展

 若葉が青葉になった静かな山里の、「あさご芸術の森美術館」を訪ねた。

朝来市制10周年記念/阪神・淡路大震災20年 鎮魂と祈り 平山育夫 展」

を鑑賞、言葉ではない「祈り」の素晴らしさを見た。

000_7091
 あさご芸術の森美術館↑(淀井敏夫記念館)









000_7082
美術館内の彫刻公園、朝来市出身、文化勲章受章、淀井敏夫さんの作品を常設展示










000_7208
晩餐ではなく13匹が集った動物たちのランチ       美術館正面













000_7098
タニウツギが咲いていた美術館の駐車場









000_7104
タニウツギ









000_7116
美術館周辺の森














000_7097

かっては揚水発電量日本一と言われた多々良木ダム、その下にある美術館は珍しい

 

ロックフィルダムの石積みが見える野外彫刻公園と展示してある淀井さんの作品

 

いつも心ひかれる

2015年4月23日 (木)

鳥取市 用瀬の流し雛(2015)

 「用瀬の流し雛」は、旧暦の3月3日に行われる行事で、今年は4月21日、平日だが多く

の人出で賑わっていた。

カメラマンの多さにびっくりしたが、日本の伝統行事継承の一端を支えていると思いながら

やさしい「鳥取なまり」を耳に写真撮影を楽しんだ。

000_6001








000_5891








000_5907








000_5948









000_5962001









000_6011









000_6020










000_6056

グローバル化で、日本の伝統文化が埋もれていく気もするが、行事を追い続けるカメラマン

時々邪魔でも、いい存在である・・・・・・

2015年3月26日 (木)

姫路城大修理完成 桜開花はじまる

  平成の大修理が終わった姫路城 3/26 快晴に恵まれ完成式典が行われた

000_4228001












000_4247
さくらの開花 もう間近(3/26)









000_4341
お城の北面












Dsc_0313









Dsc_0290_2
大修理完了 ブルーの空に ブルーインパルスのお祝い飛行
















より以前の記事一覧